在宅がんウィット

がんを患った方が在宅で過ごすときに役立つ情報をお届けします

在宅がんウィットについて


がんを患った方が在宅で過ごすときに役立つ情報について、さまざまな分野のエキスパートがQ&A形式でお届けします。
がんを患った方とご家族・支援者のためのQ&A
在宅での療養にすぐ役立つ情報
さまざまな分野のエキスパートが執筆
最新の知見に基づく内容
特定の商品の推奨や利益誘導をしない
ご利用は無料

診察室で「がん」と告げられると、頭が真っ白になってしまうこともめずらしくありません。また、医師に質問しにくかったりすることも多いです。
例えば「手術」「抗がん剤」「放射線」と選択を迫られても、わからないことだらけです。治療に伴う副作用のこと、生活への影響のこと、お金のこと、再発の可能性のことなど、質問しにくいことがあるかもしれません。
そんな質問に答えるのが「在宅がんウィット」です。

「在宅がんウィット」は –––

最近のがん研究や臨床研究の進歩により、治療やケアについての新しい知見が日ごとに増えています。一方、ネット上には「絶対効く」「奇跡」「夢の治療」とか、逆に害を強調するなど、必ずしも科学的根拠があるとは言えない情報や、特定の方法や商品などの情報に誘導する偏った情報、不完全な情報・不十分な情報が多いのが現状です。

重要なのは信頼できる情報を集め、がんの治療や診断、ケアについて十分な経験や知識を蓄えた話し相手、相談できる相手をどう選ぶかです。

当財団は、がんの経験者・支援者・研究者・看護や介護の専門家を中心に、日々アップデートされる信頼できる情報を「在宅がんウィット」からわかりやすく提供することで、住み慣れた家で過ごす方、ご家族と支援者の「伴走者」となり、病を患った方が住み慣れた環境で安心して過ごすことができる街、さらには、支える仕組みが広がることで、どこでも安心して過ごすことのできる社会を目指しています。

病院で治療を受けているときには病気や治療のことについて、しばしば話し合いが行われますが、お一人お一人の家での生活のこと、趣味・家族・仕事など「これからどう過ごしていくか」「これからの人生をどう生きていくか」ということについては、それほど話題になることはなく、また、すぐに答えが出るものではありません。

外来通院・訪問診療・訪問看護・介護といろいろな支援の仕組みがありますが、必ずしもそれぞれの制度が連携しているとは限らず、個々に行われていることが多いです。

がんを経験した方の多くが、孤独や不安を抱えており、何らかの支え(サポート)を必要としています。

決してひとりではありません。経験者、支援者、専門家の知恵と経験(ウィット)を集めてみると、ご自分にあった過ごし方、心構えを考えるときに参考になることでしょう。

「在宅がんウィット」は、がんを患っている方だけでなく、ご家族やご友人などまわりの方に情報を共有(シェア)するのにも役立ちます。

最近のがんの関する情報を知りたい医師・看護師・薬剤師などの医療職種の方、介護士やケアマネジャーなど、介護福祉職種の方、などさまざまなかたちで、支援に携わる方にもご利用いただけます。

家で過ごすときに役立つ、さまざまなご質問にお答えしています

ご利用の前に

「在宅がんウィット」の情報をご利用いただく前には、必ず「利用規約」および「プライバシーポリシー」、「クッキーポリシー」をご確認いただけますよう、お願いいたします。

掲載している情報は、診断や治療を行うものではありません。 適切な診断・治療を求める場合は、医療機関を受診してください。また、現在治療中の方は、主治医と相談してください。

執筆者

[ 順不同 ]

渡邊 清高

帝京大学医学部内科学講座 腫瘍内科 病院教授
一般財団法人在宅がん療養財団 理事長

信頼できるがん情報の発信に取り組み、在宅療養と連携の活動を推進

プロフィール >>

宮崎 和加子

一般社団法人だんだん会 理事長
一般財団法人在宅がん療養財団 評議員

看護師として最期まで望む場所で快適に生きること支援を目指し活動中

プロフィール >>

お知らせ

  • 2021年9月7日 サイトがオープンしました
    一般財団法人在宅がん療養財団の、がん患者さんの生活に役立つQ&A情報サイト「在宅がんウィット」がオープンしました。